就学前に英語を習わせるデメリットとは

日本語も身についていない時期なのに

デメリットとしてよく取り上げられるのは、「日本語もまだ十分に話せない時期に英語を習わせて大丈夫なのか」という点です。
日本語の良さや美しさを知ってから、外国語を習ってほしいという意見があるのは無理もありません。
いくら英語が堪能であっても、日本語の言葉遣いがめちゃくちゃだったり、敬語が使えなかったりしたら大人になっても孤立してしまいます。
ただ、この件に関しては、母国語の日本語であっても小さな子たちは失敗しながら習得していくのだから、英語だって同じようなものだ、同時並行で習っても問題ないとする意見もあります。
というのも、日本語と英語を同時に学習していくことで、相乗効果が期待できるからです。
要するに、日本語と英語の語順の違いや表現の違いなどを知らず知らずのうちに身につけていくことが出来るとされています。

中学校入学後の挫折

いくら就学前に英語が堪能になったとしても、中学校で英語の成績が良いとは限りません。
これは、就学前や小学校の英語では聞く、話すということに重点を置いているのに対し、中学校では書く、読むことに重点を置いているからです。
「小さいころから英語を習っていたから、英語は得意」と言っていた子どもが、中学校の初めての定期テストで低得点を取ってしまい、英語嫌いになってしまったという話はよく聞きます。
英語は言語ですから、話せる、聞き取れることはもちろん大事ですが、中学、高校では残念ながら文法や単語の暗記が出来なければ良い成績はとれません。
むしろ小学校高学年で初めて英語に触れた子供のほうが、白紙に近い状態で英語の授業に臨むため、理解が早いのではないかともいわれています。



TOP