英語の早期教育に興味がある方へ

幼児には「勉強」という感覚がない

習い事をしている就学前のお子さんは多いと思いますが、楽しみながら習っているお子さんが多いのではないでしょうか。
スポーツであれ語学であれ音楽であれ、小さな子どもにとって習い事は勉強ではなく、未知のものに対する好奇心を刺激してくれる楽しいものなのです。
これは英語も同じです。
中学生や高校生になると、「英語のテストがあるから勉強しなくちゃ」といったように英語イコール勉強になってしまいますが、小さい子供にとってはそうでありません。
好奇心を刺激され、楽しく英語を身につけることが出来れば、お子さんにとっても親御さんにとっても嬉しいことですね。
また、聞く、話すといった能力は、就学前の児童であれば簡単に身につけられるとも言われています。

幼児はまねることが得意

小さい子どもはまねることが得意です。
芸能人やアニメのキャラクター、コマーシャルなど、大人から見たら恥ずかしいようなポーズや言葉も平気でまねできます。
実はそれが英語を身につける最善の方法と言えます。
英語の発音を聞いたとおりに話すことが出来るのは、やはり小さいうち。
小学生になると、恥ずかしさが出てきてしまいなかなか素直にまねすることが難しくなってきてしまいます。
また、反抗期の入り口に差し掛かるために言うことを聞かなくなる子も多いため、「英語を習いなさい」と言っても素直に聞いてくれなくなる恐れもあります。
その点、就学前の子どもならば何でも聞いたもの、見たものをそのまままねることが出来るので、英語の習得も早いと言えるのです。



TOP