英語の早期教育に興味がある方へ

私たち日本人にとって、当たり前ですが英語は外国語ですから、習わなければ話したり書いたりできるようになりません。 今や英語は私たちの生活に根付いていますし、英語が得意であれば就職面接で有利になる可能性もあります。 だからこそ、お子さんが小さいうちから英語に触れさせておきたいと考えるのだと思います。

就学前に英語を習わせるデメリットとは

小学校で英語が必修化された背景には、保護者や自治体からの強い要望があったとされています。 ただ、必修化については言語学者や教育者の間でも未だに反対論があり、早期教育に関しても賛否両論があります。 こちらでは、就学前の英語教育のデメリットを検証していきます。

何を使って習わせる?

いざ子どもに英語を習わせたいと思ってもどうすればいいのかわからないという親御さんも多いのではないでしょうか。 今は情報過多の時代ですから、就学前のお子さん向けに様々な教材や英語塾があり逆に迷ってしまわれるかと思います。 こちらでは、英語の教材の種類について見ていくことにしましょう。

英語を就学前に習うメリットとは?

ある調査結果によると、およそ75パーセントの親御さんが「小学校に入る前に英語に触れてほしい」と考えているそうです。
全国で小学校5、6年生の英語が2011年以降必修化されたことを踏まえると、これは当然の結果なのかもしれません。
小学校で英語につまずかないように、早いうちに英語を習わせたいと考えるのは親心の表れと言えるのかも。

また、ご自身が英語で苦労したから、子供には早目に習わせておきたいとお考えの方も多いかもしれません。
さらに、ご自身が英語を小さいうちから習っていて英語が大好きになった方は、特にお子さんに早期の英語教育を望まれる傾向にあります。

ただ、英語を早期から習わせることには賛否両論もあるようです。
「日本語もまだ満足に話せない就学前の子に、外国語を習わせても大丈夫なの?」という意見がそれです。
英語の早期教育の効果を疑問視する方もいらっしゃいます。
つまり、早期から習っていても実際、中学校や高校で役に立たないのではないかという意見です。
早期教育の英語では聞く、話すことに重点が置かれますが、中学校や高校の英語では書くこと、読むことが中心になるため、せっかくの身についた能力があまり生かせないばかりか、英語が好き、得意というお子さんの自信を失わせてしまう恐れがあるというものです。
こちらでは、英語を早期から習わせたいとお考えの方のために、そのメリットとデメリットや、学習ツールの種類についてご紹介していきたいと思います。
お子さんが楽しく英語を身につけられるための参考にしていただければ幸いです。


TOP